野の花 森の花 アクセサリー工房 Kusa no Yukari

シュンラン

シュンラン シュンラン

シュンラン(別名:ホクロ)(ラン科、花期3~4月)

多年草 生育地:山地の落葉樹林内など

  • 洋蘭のシンビジュームの仲間で、日本の代表的な蘭。
    早春の雑木林の下に咲く。
    硬い葉は冬にも枯れず、動物にかじられているのを見かける。

  • 別名のホクロは唇弁部の紫色の斑点をホクロに見立てたものか。
    他にもジジババ(爺婆?)など各地でいろいろな名前で親しまれる。

  • 肉厚の花は、八分咲きぐらいのものを塩漬けにしておき、
    おめでたい席に蘭湯にするなど利用されてきた。
    昔は今より多くの株がみられたのかもしれない。

  • 研究者によると、シュンランはマルハナバチにしか受粉ができない植物で、
    農薬などの影響でマルハナバチが減っている地域では、
    シュンランも種ができないため減っているという。






powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional