野の花 森の花 アクセサリー工房 Kusa no Yukari

カタクリ

カタクリ カタクリ 蕾 カタクリの実

カタクリ(ユリ科、花期3~5月)

多年草 生育地:山野

  • 春雪解け後すぐ、縦に丸まっ手針のような葉が落ち葉を突き通して、あちらこちらから出てきて針山のようになっている。

  • カタクリの花は太陽の光が当たっている時だけ、くるんと花びらが反り返る。
    天気が悪かったり、日が陰ったりすると雄しべ雌しべを寒さから守るために、
    しっかり花びらを閉じておくが、すでに受精した花は閉じることなく開いている。

  • カタクリは初夏に実が熟すと葉も跡形もなく消えてしまう。
    他の草木が生い茂る夏にはさっさと引っ込んで競争を避ける巧みな戦略。

  • 種にはアリが好む、白いラードのような肉腫がついていて、
    巣に持ち帰ろうとして種を運んでもらう。
    巣に入る前に余計な種の部分は捨てられるので、そこで増えることができるらしい。

back  一覧へ    next






powered by HAIK 7.0.5
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional